健康を左右するペットフードはよく選ぶ

ペットの健康のために気を配るべきと言えるのがペットフード選びです。直接体内に入るものですから飼い主が吟味して用意しなければいけません。
選ぶ時に特にチェックが必要なのが原材料とペットフードランキングですが、その際にはまず主原料が何かを確認した方が良いでしょう。例えば犬の場合は肉食ですのでタンパク質が必要です。ですからメインの原材料が肉類であることが大切と言えます。ところがコストの小さい穀類がメインになっていることもあります。穀類ですと消化吸収が難しく内臓にも負担がかかりますし、それによって肥満にもなりやすくなってしまうのです。
ただ肉類がメインになっていれば良いわけでもありません。肉といっても牛や豚、チキン、ラムなどいろいろありますが、中には肉類として家禽ミールと表示されているものもあります。家禽ミールには新鮮ではない廃棄肉が混ざっていることがありますので健康面を考えた場合に良くないと言えます。一概に全ての家禽ミールが悪いわけではありませんが、原材料がいまいちよく分からないリスクもありますので注意してみた方が良いでしょう。
添加物をチェックすることも大事です。基本的には余計な添加物は含まれていない方が良いのですが、しかし品質維持を目的に配合されているペットフードが多いです。
ただ中には害になる添加物もありますので気を付けなければいけません。特に日本では認められてない強い酸化防止剤が含まれているものは害になるリスクが高いですから原材料の欄を見て確認した方が良いでしょう。